《Google Analytics》異常に直帰率が低い場合は解析タグの二重設置が原因かも。

どもども。 このブログのアクセス解析にはGoogle Analyticsを使用しているのですが、WordPress環境に移転リニューアルしてからの解析結果がどうも違和感あったんですよ。直帰率が10%割ってまして。 最初は「移転リニューアルして記事多めに更新していってるからかな。関連記事とか人気記事とか上手く設置できた効果かな」とも思っていたんですが、やっぱりちょっとおかしすぎるので調べてみました。

原因はSimplicityとAll in One SEO Packで二重設置されていた解析タグ

最初からタグ二重設置の可能性は十分考えていたので、まずソースを表示してGoogleとかAnalytics、あるいは”UA-〜”というトラッキングIDで検索かけてみたんですが、なぜかこの方法では二重設置は見つからない。今でも原因は分からずだったり…。 で、とりあえず思い当たるところを調べてみたらすぐに分かりました。デザインテーマとして使用させていただいているSimplicityと、WordPressの定番SEO対策プラグインAll in One SEO Pack、どちらにおいても解析タグを設置していたのが原因でした。 ga   ga2 なので、とりあえずSimplicityの設定からAnalyticsのコードを除去。するとどんぴしゃり。直帰率大幅アップ(悲しい)。 googleanalyrics

まとめ

  • Google Analyticsで直帰率が異常に低い場合は、解析タグの二重設置を疑おう。
  • ソースで適当に検索しても二重設置の形跡が見つからないことも?WordPressの場合は、疑わしいプラグインやテーマの設定をチェックしよう。

ライブドアブログ時代はこういうところ、あまり気にせず運営できたんですが、これが自前で運営する際の大変なところであり、面白いところでもありますね。 ではでは。