Windows 10のディスク使用率99%張り付き問題とその解決策

備忘録も兼ねて。

突然HDDがガリガリ仕事し出して止まらなくなった

特にこれといったことはしてないんですが、先日Windows 10 PCが突然HDDランプぴかぴか光らせて仕事を始め、一向に止まる気配も見せてくれなくなる事案がありました。

タスクマネージャーで見るとディスク使用率が99%張り付きから動かず。

taskmgr

超動作重くてお話にならないので、解決策をググっていろいろ試して解決できたメモということになります。

参考にした記事

Windows 8での話でしたが、お世話になりました。

メモモモモ: Win8でディスクの使用率が100%となる現象の回避方法

Superfetchサービスが暴走していた

上述の記事を参考にいろいろWindowsサービスを停止してみたんですが、結果としてはよく起動するアプリのデータをキャッシュして次回の起動を早くしてくれるSuperfetchを停止すると、当方の問題は解決。ディスク使用率が正常な値になりました。

スタートボタンを右クリックして、コンピューターの管理を選択。

start

左のツリーからサービスとアプリケーション→サービスと選択していく。

service

Superfetchサービスを探して右クリック→停止を選択。

superfetch

あくまで一例です

当方の場合はこれで解決しましたが、原因は結構いろいろとパターンあるみたいです。上述の記事だけでも原因の可能性があるサービスとしてかなりの数上がっていました。

参考になれば幸いです。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。

4件のコメント

  1. Windows10で外付けハードディスクですが、Superfetchサービスを探して右クリック→停止を選択。でも止まりませんでした。

  2. パソコン壊れたかと思って焦りました。助けてくれてありがとう

  3. おっしゃる通り「Superfetch」を停止したら、一気に使用率0%(数秒後に15%あたりになりましたが)。
    ありがとうございました。助かりました。仕事で使ってて毎朝、動きが鈍くて文句をいわれてたんで。
    ほんと、大助かりでした。

コメントはできません。