僕がしつこく「好きなこと」や「興味のあること」に対する思いや、情報の発信をする理由。その効果。

ちゃんと結果も出てるんです。

PC・音楽・英語のこと。Twitterやブログでしつこく発信しています。

記事のキュレーションから、ふと思ったこと・気づいたことまで、ほぼほぼ毎日。

これ、単純に「多くの人にこれ知ってもらいたい」という気持ちからやってる部分も、もちろんあるのはあるんですが、一応他に大きな目的があったりします。

「あれが好きな人・興味がある人」のレッテルを貼ってもらうため

これだけ発信してるとですね、やっぱり「パソコン詳しそうな人」「音楽好きな人」「何やら英語の勉強しているっぽい人」みたいなレッテルが貼られていくんですよ。

で、こうしたレッテルを貼られることによって、例えば「PC使っててこんな作業してたんだけど、思ったような結果にならないのよ。よっしーくん分かりません?」「TOEICの勉強しようと思うんだけど、何すればいいかな?」とかよく声がかかります。今日ちょうど後者の相談をされたところです。

9454213161_b83fa3b30c

こういった相談もらえるだけでも、気持ち的にはかなり嬉しかったりします。しかしその発展みたいな形として、もっと本格的な話が舞い込んでくることもあるんですよね。

「こんなことやってみたい」と発信するだけで、チャンスが舞い込んでくるようになった。お金がもらえる話も。

これ、本当なんです。

そういったレッテルを貼られ続ける発信活動を続けていくと、ブログやTwitterを見てくださる方が増えます。その中には同じようなことに興味がある人というのもいますし、その分野の業界の人たちがいらっしゃることもさえあります。

3223086466_07409c8084

すると、今度は「こんなことやってみたいんですが、いいチャンスないですかね」と発信するだけで、突然連絡が来ることも、十分起こり得るようになるんですね。つい先日もそんなことが実際ありました。

というかよくよく考えると今関わっていること、ほとんどそういった繋がりから手に入れた機会です。お金がいただけるものもいくつか。びっくりですよね。インターネットさまさま。

いわゆる「セルフブランディング」というやつなんだけど。

あんまりこういうなんというか、意識高い系が使いそうな言葉、使いたくないんですよね。無駄に「ビジネス」とか「人との出会い」とかいうワード多用する圧倒的感謝系大学生は大嫌いでして。なんやかんやウェイウェイ大学生の方が好きです。

…と、話がそれましたが、いわゆるそんなことをちょろっと目的にはしつつ、毎日発信みたいなものをやっているということでありました。

結構周りで「なんでそんなにいつも記事とかツイートしてるの?」って人もいる気がしたので、ふと書いてみた次第です。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。