鍵盤ハーモニカ P-37Dにギターストラップを取り付けてみた、手順まとめ

案外ググってもちゃんとした手順まとめみたいなのがなかったので、書いてみることにしました。

鍵盤ハーモニカとギターストラップのコラボレーション、安価に済んで良さげです

入っている軽音サークルのライブで、今度初めて鍵盤ハーモニカを使ってみようと思っています。それで練習したりなんだかんだ調整したりする一巻で、ストラップも付けてみました。

ストラップといっても専用ストラップではなく、ギターストラップの使い回し。専用ストラップというのがあるのかどうかも知らないですが。

なんにせよ安価に済んで良さげです。

手順

手順というほど大したものではありませんが、不器用な自分のような人にとっては写真付き解説みたいなのあれば良いかなと思ったので。

なおこちらの記事の末にあった内容を参考にしたものになります。ありがとうございます。

鍵盤ハーモニカのストラップ取り付け方法について – 鍵盤ハーモニカ奏者pianonymous(ピアノニマス)公式ブログ


あと当方使っているのは「P-37D」という機種です。ヤマハ製の鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)だと大体同じ構造になっていそうですが、どうなんでしょう。

というわけで他社製のものをお使いの方も含めて、そのあたりはご了承ください。

0. 必要なもの

  • 鍵盤ハーモニカ
  • 適当な細さのひも2本
  • ギターストラップ
  • ピンセット(なければハサミ)

1. 初期装備のストラップ穴(たぶん)にひもを通す

たぶんストラップ用の穴だと思うんですが。裏面の吹き口の方にあるコレですね。

こんな感じにひもを1本通す。これはそんなに難しくないはず。

終わったら玉結びをして抜けないようにしておきましょう。

高校生の家庭科の授業以来の玉結びでしたが、なんとか出来ました。やった。

2. 空気穴(たぶん)にひもを通す

先ほどのストラップ穴(たぶん)の反対の方にある空気穴(たぶん)にひもを通します。

これはおそらくストラップ用に開いている穴というわけではないため、通すのが非常に難しいです。ピンセットやハサミなどで、なんとかつまんでやるとどうにかなるはず。はず。

こちらも終わったら玉結びキメておきます。万が一抜けたら苦労が水の泡です。

3. ギターストラップの穴にひもを通し結ぶ

ここまで来ればもう少し。ギターストラップの穴にひもを通し、リボン結びをキメましょう。

お疲れ様でした。

おしまい

フツーにストラップ専用の穴2つ標準装備していればいいのにね…とは思わずにいられませんでした。需要ないのかな。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。