選挙前に読んでおきたかった、けど今読んでも遅くなかった。おときた駿「ギャル男でもわかる政治の話」

「政治、分かるようになりたい」とは前々からずっと思っていましたが、ようやく先日の参議院選挙で選挙デビューした21歳です。

でも、その選挙も「十分に勉強した。ここに投票すれば、自分の意志反映としては間違いない!」という感じで投票したわけではありませんでした。せいぜい「若者だって選挙に参加しているぞ。ちゃんとこの世代の意見も汲まないと困るんだぞ」といったところでした。

そして大阪府民なので、直接の関係は今のところは無いものの、都知事選もよく分からぬまま報道を眺めているだけで終わってしまい…ちょっとさすがに学ばねばと思ったので、今回読んだのがこちらです。

ブロガー議員×ギャル男の対話形式で展開

著者のおときた駿さんは、”ブロガー議員”の異名を持つ東京都議会委員。ブログはこちら。

東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

(WordPressマンだ。)

Facebookを拝見したところ、1983年生まれだそうなので、30代前半かな…の方ですね。政治家だと若い方なのかな。それすらよく分からない。

というわけで、自身が政治家である以上、本書でもある程度自身の意見を記されていますし、おっしゃっていること全てを鵜呑みにするのは良くないだろうなとは思いますが、ブロガー議員を名乗っているだけあって、語り口は実に柔らかく読みやすいので、政治入門には良い1冊だと思います。

そして、本文は基本的にはタイトルにもある「ギャル男」たちと、おときたさんの対話形式で展開されます。”ギャル男でもわかる”と謳っているのは、単に使っている言葉が易しめというだけでなく、解説に用いられる例えに人気マンガやアイドルを多用している点にも起因しています。

おときた そう。じゃあたとえば、もう一度『ワンピース』で考えてみようか。仮に、ルフィが日本のリーダーに選ばれたとしよう。
レン それ、ちょっといいかも!(笑)
おときた で、そのルフィが、「これから日本は海賊王を目指す!」って言い出したらどう?
トシキ 言いそう(笑)。でも、民主主義は多数決だから、なかなかそうはいかないんじゃない?
おときた まあ、普通はそうだね。だけど、ゾロとかサンジとか、血の気の多い仲間も選挙で当選していて、議員の半数以上がそれに賛成したらどうなるだろう。
レン おー、戦争だ! ドン!!!

当方、ギャル男とは(少なくとも見た目は)正反対マンだと自負していますが、それでもこういった表現が多くて、取っ付きやすいと感じたことは多かったです。

ちなみに、某グループの某ヤバい騒動をとある例えに用いているようなシーンもあって、確かにそこも面白かったのですが、僕は敵を増やしたくないのでここではあえて引用しません…よくもまあ持ちだしてきたもんです…。

2016年の参議院選挙を意識した内容だった。もっと早く読んでおけばよかった。けど。

PAK75_kokkaimaenodouro20140905154343_TP_V

あとがきにも、”「(2016年夏の)参院選までに出さなければ、意味なくないすか!?」と煽られて書いた”とありますし、本文中でも憲法改正や安保法案、原発など、今回の参議院選挙で争点となった部分については、ページを割いて記されていますし、「もう少し早く読んでおくべきだったなあ」というのが、読み終えた後の率直な感想です。

ただ、こうやって改めて目次を見返しても、今後の日本の政治をしばらく見ていくにあたっての入門としては最適な事項がざーっと解説されている内容でしたし、たとえ選挙後でも読み終えておいてよかったなーとも思います。

プレトーク「ギャル男、ブロガー議員に政治を学ぶ?」

第一部そもそも政治ってなに?篇

1限目[政治とは]「悪魔の実」はなくとも僕たちには選挙権がある

2限目[民主主義]国民的アイドル解散騒動は民主主義?

3限目[憲法]憲法とは「ジャンプ三原則」である!

4限目[議会]政党政治は海賊団のチーム戦である
第二部実際、政治ってどうなってるの?篇

〈ISSUE1僕らのお金について〉

5限目[資本主義]モテれば天国、モテなきゃ地獄の資本主義

6限目[財政・税金]のび太が作った世界最大の「借金地獄」

7限目[年金]年金制度はもうすでにオワコンである
〈ISSUE2僕らのこの国について〉

8限目[安全保障]憲法9条は「浮気公認状態」、さあどうする?

9限目[エネルギー]エネルギー3姉妹、付き合うなら誰がいい?

10限目[公務員制度]日本の政府がイケてないこれだけの理由
〈ISSUE3僕らの生活について〉

11限目[社会保障]“困ったときのドラえもん”が破産寸前!?

12限目[雇用]もしもあのアイドルに卒業がなかったら

13限目[表現の自由]戦闘モードのベイマックスが表現の自由を奪う!?
第三部じゃあどうやって変えればいいの?篇

14限目[選挙制度]弱小海賊団を救うための究極の選挙活用法

15限目[社会運動]ルカワ応援隊が意味を持つのはどんなとき?

16限目[政治参加]みんな、このまま政治童貞でいいのかよ!
巻末Q&A「おときたさん、僕らの疑問に答えてください!」

アフタートーク「政治がわかったギャル男の話」

「政治をもっと、おもしろく。──あとがきにかえて」(おときた駿)

憲法、税金、年金、雇用、表現の自由、などなど…。今後も大事であろうトピックだらけです。

(よくよく考えると、この目次見れば、さっきボカしたところ大体分かってしまうな…)

上述したように、何でもかんでも鵜呑みにするのはリスキーだと思いますが、取っ掛かりとしてはめちゃくちゃ良い1冊だと思いました。選挙が政治の全てではないですし、選挙直前に急いで勉強しようとしたところで大体どうしようもないことが多いので、しばらく選挙はないとしても、政治に詳しくないという自覚がある方は、今のうちに読んでおいて損ないと思います。

おしまい。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。