iPhoneで本格ライブ映像が作れる? 簡単にマルチアングル撮影が実現できるアプリ「GroupClip」がすごすぎ

ライブ映像等でアマチュアがスマホでさくっと撮ったものと、プロの作品というか市販されているものの1番の違いって、細かい画質云々以上にマルチアングルで制作されているかだと思うんです。少なくとも素人がぱっと見て最初に気になることというと。

しかしそのマルチアングル撮影をiPhoneだけでさくっと実現してしまおうというアプリがありました。これ本当にびっくりしてしまった。

GroupClip

今のところiOSアプリのみですが、Androidアプリも登場予定らしいです。公式サイトに「GroupClip Android version coming soon」とあります。

Vimeoに上がっている公式アニメをざっと見ると、このアプリで出来ることがたぶんざっくりと分かります。というかこれがYouTubeではなくVimeoっていうところもお洒落というかなんというか。

App Storeの説明欄も分かりやすいので、ざっくり翻訳しておきます。

Multi-Camera Video Made Easy

– Create multi-camera video together with your friends
– Edit multi-angle video in just minutes
– Co-recorded video is automatically synchronized
– Create multi-frame video and image mash-ups

マルチカメラを簡単にしちゃったぜ

・マルチカメラ動画をフレンズと一緒にトゥギャザーしようぜ
・たった数分でマルチカメラ動画を編集しちゃうぜ
・一緒に撮った動画は自動で同期しちゃうぜ
・枠が複数に分かれた動画や画像の集まりを作っちゃおうぜ

 

使ってみた

所有しているiPhone 5sとiPad Pro 9.7インチ(Wi-Fi+Cellular)で試しました。先にお伝えしておきますが、1人でマルチアングル撮影してもあまり楽しくはないです。

Facebookログイン、もしくはログインなしで利用できます。ログインなしだと別デバイスとの接続に3G/4G(LTE)が使えませんが、同じユーザーが同じFacebookアカウントにログインするとややこしいことになりそうなので、今回はiPhoneでFacebookログイン、iPadではログインなしで。ログインなしの場合はデバイス名を適当に入力します。

s__39256084

ログイン完了後、録画するならビデオカメラのボタンをポチー。

s__39256085

画面を傾けて録画を始めるか、友達とトゥギャザーするために招待しようぜと言われるので、ここでは招待へ。

s__39256086

接続デバイスを探す画面。いくつかモードがありますが、近所のデバイスを探すならNEARBYで。近くにありかつGroupClipを起動しているユーザーが出てきます。出てきたらポチー。出てきにくい場合もたまにある気がしますが、何回かやり直すなどで基本的には対処できるっぽい。

s__39256087

招待中。

s__9281553

招待された側はAcceptで招待を承認。

s__39256088

招待完了次第、皆さま各デバイスを横向きに構える。画面回転無効になっている方はコントロールセンターから有効にすることを忘れず。あとは招待した側で録画ボタンを押すと、3,2,1のカウントダウンと共に、接続されたデバイス全てで同時に録画がスタートします。終了も同時。

s__9281554

録画終了後は、それぞれで撮影した映像が複数デバイスで自動で同期されます。通信制限マンいるとココで地獄を見そう。Wi-Fiがあるとベストですね。

s__39256089

同期後はこんな画面でザクザクっと画面切り替えを設定できます。ちょっと癖ある気もするけど、分かるとぱぱっとできます。たぶん。動作は十分軽いです。

s__9281555

できた動画がこちら。手元にあったマウスを2点で撮影するという何も楽しくない内容です。

無料版は通常画質・5分まで・ウォーターマーク付き縛り

まあ世の中甘くはなく、何でも無料ではありません。

s__39256090

無料版は通常画質・5分まで・ウォーターマーク付き縛り。600円ですべて制限解除、360円ずつで各機能を解除という感じです。

 

すごすぎ。

まだ発展途上な部分もあるとはいえ、そこそこ使えます。

ガチガチの安定度があるわけでもなく、超高機能というわけでもないのでプロが仕事に使うのは無理にしても、そうでもなければ全然使える部分あるのでは。アマチュア・インディーズのバンドとか。無料版の5分制限も考えると、まずはTwitterに上げる動画をちょっと豪華にする、くらいのところから試すのがベストかも?

いい時代になったものです。世の中すごすぎ。というかこれ、もっと評価されるべきアプリの1つだと思うんですが、びっくりするくらい知られていない気がしますね…。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。