iPad Air用Bluetoothキーボード付カバー「Anker TC930」を買ったらiPadの生産性が爆増した話。

これ正直やばいです。

文章を入力する機会が増えた→外でも作業できる環境が欲しい

Amazon


自分、現在軽めのノートPCを所有していないんですね。大きめのノートPCとiPad Airだけありまして。

しかし、ライターの仕事もすることがあって、そしてこのブログの更新もありますし、さらにはいよいよ大学でも卒論の練習みたいなのが始まって、最近ばりばり文章書くことが増えたんですよ。で、これ今までのiPhoneでのフリック入力、iPadのソフトウェアキーボードでの運用だけではかなり苦しいことが増えてきました。

というわけでどうしようか少し考えたときに、世間ではiPad ProなるものをAppleが出すとかいう話じゃないですか。「物理キーボードも純正でリリースする!iPad Proがあればもうだいたいの人はPCなんて要らん!」なんて話もあって。

「いや、でもiPad Proはでかそうだし、それなら今あるiPad Airに物理キーボード足せば解決じゃね?」ということで買ってみたのが、モバイルバッテリー等でよく名前を聞いていたAnkerのBluetoothキーボードカバー TC930。

Anker TC930、こんな感じです。写真で紹介。

写真でざっくり紹介します。単体で置くとこんな感じ。キーボードですね。

指紋とかの汚れがアレなのは気にしないでください。

裏面。

アルミで出来ていて、ひんやり。Apple製品に合うシンプルな美しさだと思います。

で、これ先ほど言いましたようにカバーとしての役割も備えているので、iPadの画面を保護する形での取り付けもできます。

なんか写真だとえらい浮いてるように見えますが、実際は特にそんなことはない。
下記写真の上部にある出っ張りに磁石があり、それにiPadを上手くくっつけることで、簡単にはiPadが外れてしまわないようになる仕組み。

で、キーボードとして使うときは、iPadをガチャーンと立てられる。

ガチャーン。キーボードの奥側にiPadを突っ込む溝と、さらにその奥にはその溝にiPadを突っ込むと自動で立ち上がる溝があるので、安定感あります。

キーボードはいわゆる英字キーボードです。キーは多少、普通より小さめな気はしますが、本当に多少なのですぐ慣れます。

いつでもどこでも使いやすい。

これを買ってから、圧倒的に文書を入力するハードルが下がりました。そのワケは、いつでもどこでも使いやすくなるような工夫がたくさんあるところです。

充電がもつ

まずこいつ、充電がめちゃくちゃもちます。公式では1回の充電で半年ほどもつと言われています。

そこまでの期間、ノー充電で使うことがあるかわからないので何とも言えないですが、確かに充電は全然しなくて大丈夫な印象です。仮に力尽きても、一般的なmicroUSBケーブルで充電できるので、この安心感はすごい。

スタンドの安定感が良すぎ

先に言っておくとこのスタンド、角度は固定です。

しかしそのおかげか、スタンドはがっちりできているので、多少斜めな場所でもキーボード面さえしっかり支えておけば、iPadだけが転落するなどといった事故は基本的に起こりそうにないです。

電車とかで椅子に座れたらぱっと取り出して、開いて膝の上に置いて一瞬で作業開始もできる、安定して出来る。これはかなり使えますよ。

カバーなので持ち運びが楽

当たり前ですが、こいつ自身が前述の通りカバーとしての機能も備えているので、「わざわざキーボードを持ち歩く」という感覚はほとんどありません。iPadを持ち歩く=キーボードを持ち歩いている、という感じ。

実は前にもiPad用にBluetoothの物理キーボード買ってしばらく使っていたんですが、面倒くさかったんですよ、持ち歩き。わざわざiPadと別に「今日は使うかな」と考えて、要るならカバンに入れる、というプロセスが発生するので。

接続が一瞬

電源落とすこともできるし、しばらく使わなければ自動でスリープに入るという賢い子なんですが、どちらにしても起動後は一瞬で接続が完了します。

これも日々使う上では非常に気持ちいいんですよ。こういうところのノンストレスっぷりはすごく重要。

iPadが『持ち運びもしやすい』最高の生産装置になりました

iPadはこれまで個人的には消費デバイスという位置付けでしたが、こいつの導入で圧倒的に生産装置としての機能を持ち始めました。ブログ書くのも大学の課題作るのも最高に簡単になりました。Blogsy(また紹介したい)やWordを使う気力が100倍に上がった感。

僕のパターンのように物書きなど、「PCでやるほどのハイパワーが必要な作業ではなく、iPad Proの大きさも必要でないこと」をiPad Airでやる際に、超使えるガジェットだと思いました。ぜひ試してみてください。


Amazon


 

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。