「とりあえず3年」は正論 —— 社会人1年目を終えて、3年の重みを悟った話


いわゆるブラック企業が取り沙汰されるにつれ、槍玉にあがるようになった「とりあえず3年」という言葉。「ブラック企業が社員を逃がさないための、言いがかりに過ぎない」とか。

社会人になる前は、僕もただそう思う側でした。しかし、社会人1年目を終えて、「いや、割と正論なのでは?」と、今は強く感じています。

「点」の仕事で「自分だからこそ」を発揮するのは難しい

議事録を書く、資料を作成する、原稿を書く、お客様先を訪問する、1件の受注を獲得する……。

どれも立派な仕事です。どれ1つ、ないがしろにすべきではありません。

しかし、これら1つ1つの「点」の中だけで、「自分がやったからこそ上手くいった」という価値を出すのは難しい。ただこなすのは簡単でも、それ以上の価値を出すのはとても難しい。

1年目としてアレコレ仕事に手をつけ、右も左も分からない状態から抜け出した頃、ようやくそう気がつきました。

「線」の仕事になって「自分だからこそ」が生まれる

では、「この人ならでは」という価値を出している人は、一体なにが違うのだろう? そう思って、先輩たちの仕事を見てみると、彼ら彼女らは「点」と「点」を結び、「線」になった仕事を進めていることに気がつきます。

そこで、安直な自分は、「あ、じゃあ線にすればいいんだ」と安直な発想をします。……ところが、これも全然できない。「線」と言える企画作りのような仕事をしようとしても、まったく思いつかないのです。

そうして、なぜできないかを考えると、「結べる点がない」という、ごく当たり前の結論に至ります。

どうしてそんな当たり前の落とし穴にハマり、当たり前の結論に達するハメになったか。言い訳するならば、「点」の仕事ばかりしているうちに、これならもう十分に経験できたんじゃないかと錯覚していたのです。

「線」を結ぼうとして、僕はようやく、自分の「点」の絶望的な少なさに気がついたわけです。

「点」を量産し「線」を結ぶには「とりあえず3年」かかる

「線」を結べるほどの「点」をたくさん作る。そして、そこから「線」の結び方も別で覚える……。

そう考えると、大きな価値ある仕事ができるようになるには、平均すると「とりあえず3年」はかかるのではないか。これが、いま僕が「とりあえず3年」が意外と正論かもしれないと思っている理由です。

「点」1つ1つのできなさや「点」の少なさ、「線」を引けていない事実から逃げず、淡々と、かつチャレンジングに仕事をしていきたい。そんなことを思いながら、今日も楽しく仕事しようと思います。

関連記事


よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。サイボウズ マーケティング/製品プロモーション。 詳しくはこちら。