YouTubeの字幕機能で動画に歌詞を載せよう!メリットとやり方を解説します。

よっしー(@yosshimusic)です。

YouTubeには字幕機能があるのはご存知ですか?映画のDVDのように多言語で用意することもでき、しゃべりが中心の動画では徐々に普及しているみたいです。視聴者が動画の字幕を投稿できる機能も近々導入されるみたいで、YouTubeも推している様子。

で、今回はこの字幕機能を使って、自分たちのライブ映像やMV(PV)に歌詞を付けてみてもいいんじゃない?って提案と、その具体的な操作方法を書きたいと思います

YouTube字幕機能で歌詞をつけるメリットとは?

  • 動画編集ソフトで動画に直接文字(歌詞)を合成するより簡単。
  • 視聴者が表示/非表示を決められる。
  • 多言語対応なので、その気になって複数言語入力すれば、世界に向けて発信しやすくなります。

歌詞のつけ方

それでは実際に操作を見て行きましょう。僕は今回は歌詞をつけたい動画はなかったので、昔にアップロードしたエレクトーンでパイレーツ・オブ・カリビアンメドレーの、曲の切り替わりの部分に曲名をつけてみるとします。

  1. 当然ですが、歌詞をつけたい動画をYouTubeにアップしておきます。
  2. 動画の管理ページから歌詞をつけたい動画を探し、編集ボタンをクリック。

    ScreenClip [1]
  3. 上部のメニューから「字幕」をクリック。

    ScreenClip [2]
  4. 「動画の言語を選択」から、動画で使われている言語を選択。つまり、英訳を載せるなどという場合でも、動画では日本語で歌っている場合は、ここでは日本語を選択します。ちなみに5.もですが、日本語以外を選択したい場合は、テキストボックスのところに「英語」などと入力してやると選択できます。

    ScreenClip [3]
  5. 「字幕を追加」メニューから、掲載したい歌詞の言語を選択します。

    ScreenClip [4]
  6. 「新しい字幕を作成する」をクリック。

    ScreenClip [5]
  7. 表示されている動画の再生画面で再生・スキップなどしつつ、歌詞を入力したい部分で停止します。
  8. 「ここに字幕を入力し、Enterキーを押してください」と書かれたテキストボックスに、歌詞を1文ほど入力しましょう。「+」ボタンで歌詞が入力されます。

    ScreenClip [6]
  9. 正しく入力できましたか?再生してみてタイミングがおかしい、歌詞を間違えたなどあれば、右側に表示されている時間や歌詞をクリックすれば修正できます。

    ScreenClip [7]

    ここからは根気よく最後まで入力していきましょう。

  10. 入力が終わったら、右下の「公開」ボタン。入力した歌詞を視聴者が表示できるようになります。

    ScreenClip [8]
お疲れ様でした。

 

歌詞(字幕)付きで見るには?

再生画面の右下の「字幕(キャプション)」ボタンでオン・オフ、ならびに言語の選択ができます。


ScreenClip [9]

ちなみにiPhoneの場合は、YouTubeのアプリを使用している時は、右上の「…」ボタンから「CC」ボタンを選択することで、Safariなどのブラウザを使用している場合は、右下の吹き出しマークから設定できます。

終わりに

ということで、ざっと解説いたしました。

正直、楽な作業ではないと思いますが、冒頭で書いたように難しくもないので、余裕あれば設定してみることをオススメします。特に歌詞大事なジャンルだったり、海外に向けても発信する価値があると思われたりする場合は(後者の場合は語学力いりますけど)。

以上、よっしーがお送りしました!

関連リンク:歌詞をネットに載せる重要性



歌詞に自信のあるアーティストはネットで歌詞公開してしまえばいいと思う。 | マナスタ!






YouTube×スマホ時代の新表現”リリックビデオ”に注目!(ふくりゅう) – 個人 – Yahoo!ニュース




よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。