「予想できるようで出来ない歌詞」にこそ、心を動かされる

先日、ENTHRALLSのワンマンライブに行きました。

正直、彼女らに関しては、アルバム『TEXTURE,MOISTURE』とYouTubeに上がっているいくつかのMVの範囲でしか知らなかったのですが、2時間ちょっと(たぶん)のライブは十分に楽しめました。

広く捉えれば、いわゆる”歌モノ”に類するであろうENTHRALLSの音楽。歌詞の魅力が特に重要となってくるわけですが、前述の通り、今回のライブは僕は全曲知っているような状態で見に行ったわけではありません。

しかし実際行ってみると、初めて聴いた楽曲でも歌詞がスッと耳に入り(これは歌とバンドサウンドの出来が良いのが理由だと思う)、同時に歌詞に「おお」と心動かされる瞬間もいくらかあったんですね。


今までも、何度かこれに関しては考えたことがあったんですが、そんな歌詞の要因の1つとして「予想できるようで出来ない内容」というのがありそうだなと、最近自分の中で腑に落ちつつあります。

当たり前ですが、全く理解できない内容の言葉に、僕たちは心を動かされることができません。それは知らない言語である場合ももちろんながら、極端な話、日本語でもそう。例えば描かれる状況があまりに飛躍しまくりだと、ついていけないのです。

一方で、流れや結末が全て読めてしまう歌詞にも、やはり魅力は感じられません。ただ淡々とした事実としてイメージし、理解しておしまいなんですね。


ここまでは映画やドラマにも通じる話です。さらに音楽の場合にフォーカスしてみましょう。

歌は普通、延々と続くものではありません。休符があります。

○○○○ ××××
△△△△ ◻︎◻︎◻︎◻︎

例えばこういう歌詞であれば、○と×の間、△と◻︎の間にあることが多いですよね。

この休符の間に、次の歌詞の展開がどこまで読めてしまうか。この度合いか、リスナーの心をどこまで動かせるかに関係するように思えるのです。

例えば、◯◯や△△は具体的でごく自然な話をしているのに、それぞれに後半部分として連結する××や◻︎◻︎の部分は抽象的で、少し独特の表現が入っていたり。

あるいは◯◯、××、△△と自然にストーリーが展開されていくのに、◻︎◻︎で突然「転」がやってくるとか。


ENTHRALLSの歌詞も、結構そういう部分があるように感じたんですよね。例えば冒頭でMVを貼った「496km」。

気の置けない置けない 友人に話合わせて
深夜2時のドライブ 久々にちょっと
昔に戻ったつもりではしゃぎたいな
途切れる会話 もう帰りたいな

引用元:496km【歌詞】 | ENTHRALLS http://enthralls.info/2016/10/23/496km/

「気の置けない友人」という関係から描かれるのに、結末は「途切れる会話」。途中まで何となく予想できた歌詞が、実は意外な締めを迎える。

この程良いギャップが、今回のライブで初めて聴いた楽曲でも引き込まれてしまった要因なのかなと思ったわけです。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。