これがないと僕の仕事は破綻する。「Wunderlist」という最高峰タスク管理アプリ・Webサービスを紹介したい。

 

忘れっぽいというのもありますが、僕はやること(Todo)はとにかく書き出すことにしてます。なんか「あれもしなきゃいけなかったよな確か」とか考えながら作業しても集中できないので。

というのは前にも書いたのですが、あれからこういうタスク管理の仕方にぴったりなアプリ(Webサービス)を見つけて愛用しているので、今日はそれについて書きます。

もはやこれがないと一瞬にして仕事忘れ発生しまくってオワルような感じになってます。

Wunderlistとは

タスク管理のためのWebサービス、ならびにそのアプリ。海外のものですが、日本語化されているので取っつきやすいです。

iOSアプリは過去にApp Storeの年間大賞を取っているので、その利便性はお墨付きと言えます。

「iTunes Rewind 2011」ベストiPhoneアプリに選ばれた『Wunderlist』を試す | iPhone | iPad iPhone Wire

気軽すぎる

とにかく仕事はやり忘れたら論外なので、どれだけ時間がなくても最低限の情報だけで良いので、ぱぱっとひとまず記録しておけることが大事です。その点においてWunderlistは大変優秀。

アプリを起動して、プロジェクト(カテゴリみたいなものと思っても良さげ)を選択。

ファイル 2015-03-12 8 46 21

あとはタスク名を入力するだけ。ファイル 2015-03-12 8 46 31

期限などもキーボード上部のアイコンから設定できます。時間がないときはその辺りもあとで設定するようにしてます。

というわけで最低限のことであれば一瞬にして入力できるので、タスクの抜け漏れを最小限に留めるのに大いに貢献してくれます。

デバイス間のデザインの統一性が良い。同期が早い。

僕はiPhone、iPad、それからPCブラウザ版(Firefoxでピン止めしています)でWunderlistを使っていますが、基本デザインが一緒なので、めちゃ慣れやすい使いやすい。

PC版。ScreenClip [1]

iPad版。

IMG_0503

あと、デバイス間の同期が早くて気持ちいいです。何かしらのデバイスで変更を加えてから一瞬、遅くとも数秒後には同期されています。

無料。

これ完成度だけで言えば有料でも十分なレベルなんですが、基本無料です。有償版もあるという感じ。

タスクごとに、

  • 担当者を決めることができる(共有したリストごと25人まで)
  • 締め切りを設定できる
  • サブタスクを追加できる(25個まで)
  • メモが書ける
  • ファイルを追加できる(1ファイルごと5MBまで)
  • コメントが残せる

これらは全部無料で可能です。

ま、有料版(Pro)にすると、ファイルの追加数やタスクの割り当て、サブタスクなどが無制限になるわけですが、今のところ無料版で何の不都合もありません。

無料タスク管理ツールの金字塔!?「Wunderlist」を全力で賞賛してみた | ビットエーブログ – 株式会社BITA

終わりに

仕事の管理に時間とか集中力取られて、仕事そのものに力入れれないと意味が無いので、こういうサービスを上手く使ったりして賢く管理できると良いと思います。

簡単に仕事が入力できて、やるべきことが一望できるというのはひたすら気持ちいいです。さあ今日も頑張ろうー。

Wunderlist: To-Do List & Tasks

無料
(2015.03.12時点)
posted with ポチレバ