ブログのネタのメモにWunderlistを使っています。とても便利です。

何かとお世話になっております、Wunderlist。

 

Wunderlistとは

Wunderlistは以前にも取り上げました。

これがないと僕の仕事は破綻する。「Wunderlist」という最高峰タスク管理アプリ・Webサービスを紹介したい。 | よしオト。

タスクリストとしても現在も引き続き使っているのですが、ちょっと前からブログのネタのメモ帳にも使い始めました。これがすごく良いです。

ブログのネタ帳としてのWunderlistの使い方

Wunderlistをブログのネタ帳としてどう用いているのか。

ネタメモ専用のリストを作る

Wunderlistはリストごとにタスクを分けて管理できるので、ネタを入力する専用のリストを作成します。

こうすることで、今どれくらいネタが溜まっているのか、一覧で確認することができます

タスクとしてネタ(記事タイトル)を入力していく。サブタスクに見出しを入力していく。貼るリンクなどをまとめてメモ欄に貼り付けておく。

タスクという形でネタを入力していきます。記事タイトル未定という場合を除いては、基本的には名前は記事タイトルにすれば良いでしょう。

そしてWunderlistは無料版でも25個までタスクの中の(細分化した)タスク「サブタスク」を作れるので、ここに見出しを入力していきます。

さらにメモ欄に参考にするリンクなどを見つけ次第貼っておきます。

これでおおよそ記事のアウトラインが完成します。実際に書くときのハードルが大幅に下がります

執筆・掲載日を期限として入力していく

これがタスク管理メインのサービス故の便利なところで、各タスク(ネタ)に簡単に期限を入力できます。

これを用いて毎週末などに予定を見ながら「来週のこの日はこれを更新しよう」という割り当て作業をすることで完全にタスクの一環として管理できるので、これもまた更新のハードルを大きく下げてくれます

ちなみにできた記事はこちら。

iPad Pro登場によるiOSの皮肉的苦しみを想う。 | よしオト。

Wunderlist、いろいろな使い方ができそうです。

Wunderlist | To-do リスト、リマインダー、タスク管理 – App of the Year!

たぶん基本的にはタスク管理サービスとして設計されていると思うんですが、チェックリスト・期限といった観点が生じるものの管理であれば、いろいろ使い道ありそうですね。

というわけでブログのネタ帳としてのWunderlist使い方でした。