【ブログ】高解像度環境ではWindows Live Writerが残念なコトになる

LAVIE Hybrid ZERO、使っています。 これPC自体はとても良いんですよ。画面もとても精細で綺麗だし。

「LAVIEスペシャルファン・プログラム」に参加して、2in1 PC ”LAVIE Hybrid ZERO”をお借りすることになりました | よしオト。
でもそれ故に、解像度が高すぎる故に、一部のアプリで表示に不具合が起こることがあります。こんなことあるもんなんですね…。長らくお世話になっていたブログエディタであるWindows Live Writerもちょっとおかしなことになってしまいまして。

スプラッシュ画面がすでにもうグチャグチャだし…

2015-12-24

編集画面もやけに文字が小さい。なにこれ、視力0.1以下に対する拷問かなんかですか。

wlw

解決策はとりあえず拡大するしかない

根本的な解決になってないし、起動するたびにしないといけないのでなかなか面倒なのですが、今のところ解決策は拡大しかないです。

wlw2

ただこれ、当方はトラックパッドをにょーんとiPhoneと同様にすると拡大はたらくんで良いんですけど、これない環境ってどうすればよいのかわかりません。マウスでスクロールある人はCtrlキー押しながらグリグリしたら上手くいくはず。じゃあそれもなければ…?

Open Live Writerに期待したい

このWindows Live Writerって2012年を最後に更新されてないんですよね。だからまあ仕方ないかという感じも。たぶんあの頃、そんなに高解像度のディスプレイって今ほど普及してなかったはずですし。

しかしちょうど最近、こちらのソフト、オープンソース化しまして、新たにOpen Live Writerという形で開発が再開しました。だから今回のバグもこちらでの将来的な修正に期待ってところですかね。

Microsoft、ブログ投稿ツール「Windows Live Writer」をオープンソースに – 窓の杜

それにしてもこの問題どうしたもんかなあと考えながら、代替のブログエディタも調べて検討したんですが、Windows用でこれくらいまともに使えるのって他になさそうなんですよね。恐ろしくよく出来たソフトなんだなあと思いました、今回のバグを除いては。