日本の音楽産業の「タイアップ文化」は世界的には異様らしい


 

全然考えたことがない部分でした。驚き。

日本の音楽産業では定番の「タイアップ文化」アメリカでは非常に珍しい?

一応もうすぐ大学4回生ということで卒論のテーマを考えるためGoogle先生にいろいろ聞きまわっていると、こんな記事に出会いました。

日本の音楽産業はすごく面白いと思います。特に、タイアップ曲という現象に興味があります。アメリカでは、タイアップ曲は非常に珍しいけど、日本では普及しています。不思議ですね。

引用元:卒業論文 | 外国語を学習するならLang-8

Lang-8という外国語のライティング添削サイトで、アメリカ人の方が投稿した内容。え、そうなの。

1993年のBillboard誌にも書いてた

ちょっと気になったのでグーグル先生にもう少しいろいろヒントを乞うてみました。すると1993年のBillboard誌にヒット。

わざわざこう書くあたり、この頃からアメリカはタイアップ文化なんてなかったし、日本にはもうあったというわけですね。

異様なのはアメリカではなく日本の方らしい

もう少しググっていろんな方の意見とか調べてたんですが(ってか結構知ってる方いらっしゃるんですね…精進します)これ、別に「アメリカだけタイアップ文化が希薄な珍しい国」っていうわけではないらしい。

むしろ逆という意見が結構多い。

だが今頃になって気がついたのだがよく考えてみれば欧米ーアメリカでもヨーロッパでもー音楽を地上波テレビの番組やCM等でアーチストの楽曲をタイアップでプロモーションする、などということは殆どない。勿論有名アーチストの音楽をCMその他で使うことがあるが、それは多くの場合ライセンシング(権利使用許諾)で寧ろ例外的事象といっていい。ライセンシングだからマイケルジャクソンのコカコーラCMにせよ、ローリングストーンズのWindowsのCMにせよ、スポンサーから莫大なライセンス使用料が各アーチスト側に支払われている

これに対して日本の場合、アーチストの楽曲をタイアップとして使用する場合はこうしたライセンス料は勿論のこと、著作権使用料も「プロモーション目的」という項目JASRACに例外事項として認められるためアーチスト側にも作曲家にもビタ一文の費用が支払われない。しかも一度タイアップとして使用されると多くの場合スポンサーからみの縛りが出てくるので、あとで二次使用したくてもなかなかできない等、アーチストの権利がいろんな意味で制限される。

はっきりいって日本のこの現状の方が異常である

欧米で行なわれているライセンシングの現状が本来の姿であり、コンテンツ、ソフトが権利ビジネスであるという現状を考えると、本来こちらの方が当たり前なのである。

つまり日本と欧米ではアーチスト側と地上波のメデイア関連との力関係ー取り分け権利に関する力関係が完全にあべこべになっているのだ。

引用元:Kyojiの音楽ひとりごと: 欧米では地上波のタイアップが殆どない点とインデイースのツール充実の現状を見て

※太字修飾は引用者による

 

終わりに

あんまりまだこの辺のライセンスの話は国内の方も海外の方も勉強できてないので法律等の点からのちゃんとした裏は取れてないんですが、冒頭にも書いたようにそもそも考えたことすらない部分だったので、かなり示唆に富む発見でした。

ちょうど日本の方でもエイベックスがJASRACを離脱するという報道がされたりしている最中なので、まずは国内の方から勉強していきたいなと改めて思いました。

おしまい。


あなたにおすすめ