弱小ブログがPV稼ぐなら「王道ネタに近すぎず遠すぎない記事」が早い


 

photo credit: 369 via photopin (license)

あんまり今のところ貪欲にPV(ページビュー)取りに行っているわけではないんですが、何となく見えたことがありまして。

王道ド直球は大手に負ける

このブログ、特に話題をかっちり決めているわけではなく、その日とか前後の日にあったこととか発見したこと、思ったことをピックアップして書くってことにしています。

そのため例えばGoogleのWebサービスネタなど、大手のIT系ブログで書かれそうなものの紹介等も書くことがあります。

思い出はもう失くさない。「Google フォト」で写真も動画もすべて自動・無料バックアップしよう。 | よしオト。

で、アクセス解析眺めたりしていると、やっぱりこの手の大御所ブログが書きそうなことと同じものをそのまま書いても、検索でもあまり引っかからず、読まれない傾向にあるということが何となく分かるんですよね。

長い目で見るなら超ニッチなネタを書こう

ニッチなネタというのは、確かに関連あるキーワードの検索数自体は少ないかもしれませんが、そのキーワードで検索された際には当たり前ながら、高確率で検索上位に躍り出ることができます。

またニッチなネタを書いていると、その分野の専門家として見てもらえる可能性が高くなります。炎上王・イケダハヤト氏もおっしゃってました。

「自分が好きなことがとてもニッチだ……」というのは、心配するどころか、むしろ喜ばしいことです。世界中の同志たちが、あなたの持っている貴重な情報にこぞってアクセスするようになるでしょう

これが「炎上王」のワザ。イケダハヤト『武器としての書く技術』から学ぶ、人の心を揺さぶる書き方4つの原則。 | よしオト。

どうしても手っ取り早くPVを稼ぎたいなら「王道ネタに近すぎず遠すぎない記事」を書こう

ただうちの人気記事ランキングを見ていてふと気づいたことがありまして。

sc20151004223031

例えば執筆現在こんなランキングになっているんですが、上位4つ中3つがiPhoneに関するネタ。iPhone情報専門ブログって大規模なところめちゃくちゃあるのに。これじゃあここまでの話が成り立たないですね。

しかしよく考えてみると、別にこれらどれも「王道ド直球」ってわけではないんですよね。

例えば1位の記事はiPhone 6sが発表されたときに書いた記事だったんですが、iPhone 6sそのものの話ではなく、その発表によって起こったiPhone 5sの値下げにフォーカスした記事になっています。

【期間限定】今ならSIMフリー版「iPhone 5s」に月額6,000円弱・違約金ほぼゼロ・2年保証付きで乗り換えられるっぽい。 | よしオト。

3位の記事もスリープボタンが壊れたときという少しレアな場合のみ出会いたくなるような記事だと思いますし、4位の記事は他社製写真アプリの話ではなく、あくまでApple標準の、それもたった1つのフィルターに関して話すだけの記事です。

スリープボタンに触れずにiPhone/iPadの電源をオン・オフする方法 | よしオト。

iPhone標準写真アプリの画像フィルター「クローム」が有能だった。 | よしオト。

iPhoneという王道ブログネタに少しかすりつつも、よく見れば少しニッチな話にずらしている・深く掘っているというところがポイントなんだろうなと思います。

まあ特に狙っていくつもりもないけど

発見というか学んでなるほどーと思ったので書いたけど、個人的にはこのちょいズレネタをわざわざ狙っていくつもりはなかったり。だってちょっとだけズラすって、それはそれで難しいし。

こういうポイントもあるんだなーと満足しただけでおしまいにしておきます。ちゃんちゃん。


あなたにおすすめ