嫌われるのが怖い?所属するコミュニティが少なすぎるからですよ。


世界が狭いから逃げ場がない。逃げ場がないから怖くなるんです。

「嫌われるのが怖い」という気持ちが最近よく分かりません。

昔は僕も結構怖かったです。

我ながら自分は頑固レベルで正義感が強いほうだと思うんですが、それでもその正義をつらぬくのには結構抵抗がありました

2554630372_b4271374e8

前に働いていたバイト先では、入ってすぐあった懇親会みたいなものを兼ねたバーベキューで、上司がお酒を飲んで酔っ払いすぎたんですね。そして近くにあったホースで水を近隣の家に向かって無意味にかけまくるという事案がありました。

僕はどうしたかというと、―今でも鮮明に覚えています― 入ってすぐにも関わらずその事態に自分の信念が耐えられず、上司を殴ったことがありました。いい人だったんですよ、でもあの時は本当に許せなくて。

でも殴ったあとはすぐに「やってしまったーーー」という気持ちでいっぱいになりました。自分の正義を貫いたはずなのに、周りの目が怖くなった

まあその後は「あれは間違っていなかった」とその場にいた他の先輩方にもフォローされ、その上司も(覚えていなかったというのもあって)全然OKになったのですが。いやー、アレは怖かった。

しかし最近はですね、ちゃんとそういった正義もかなり貫いていけるようになったなと思います。そういう周りに嫌われる怖さみたいなのがなくなってきたんですよね。正直よくわからなくなってきました。

で、その理由をふと考えてみました。

嫌われるのが怖くなくなったのは、所属するコミュニティが増えたから。

今ぼくは大学に通いながら、アルバイトを3つほど、音楽サークルにも入り、TwitterなどのSNSでもありがたいことにそこそこ繋がりができました。

つまるところ、昔に比べると所属するコミュニティが圧倒的に増えたんですよね。

8674937308_6f1025b487

で、このコミュニティの多さが一体何なのかというと、これこそがまさしく人に嫌われるのが怖くなくなった1番大きな要因なのではないかと。だってこれだけいろんなコミュニティに参加していれば、正直どこか1つのコミュニティで居場所がなくなったところで、いくらでも他のところに居場所はあるんですもの

第一、たまたまひょんなことで(自覚があるかないかは分かりませんが)所属することになったコミュニティが、どれも自分に合うなんてあり得ないわけです。どんだけみんな適用力高い人ばっかりなんですか。

ヘタすると10のコミュニティに参加する機会があれば、その中で本当に心から適応できるなと思えるところなんて、みんな半分あればいい方なんじゃないですかね

つまり嫌われるのが怖いと思う人って、所属するコミュニティが少なすぎるんじゃないでしょうか。例えば学校と家族くらいしか所属するところがなければ、そりゃあ学校ではいい子ちゃんに、みんなから愛される子ちゃんになりたくなっても仕方ないと思うんです。

今はネットもあるんですから、いくらでも居場所は見つかりますよ。

素晴らしい時代です。今はインターネットという素晴らしい発明があります。これがあればいくらでも新しいコミュニティに参入することなんて簡単なんですよ。なぜ少ないコミュニティに固執して、嘘の自分を演じて、苦しまなきゃいけないんですか

自分に嘘をつきたくなければ、嫌われる怖さなんて捨てて伸び伸び生きたいのなら、まずはどんな手段を使ってでも所属するコミュニティを増やしてみればいいと思います。きっとそれだけで思いのほか効果はあるはずです。

いくらでも逃げ場は作ればいいと思います。逃げることは弱さなんかじゃないです。伸び伸び生きたいなら、他の”世界”を見つけてみること。それだけ、ちょっとだけ、頑張ってみてほしいです。


あなたにおすすめ