gugagugaニューアルバム「LiVe HOUSE」発売記念企画ライブに行ってきました。ステージはさすがの”魔王”クオリティ。

いやー、楽しかった。

gugagugaニューアルバム「LiVe HOUSE」発売記念企画ライブ

昨日はgugagugaのニューアルバム「LiVe HOUSE」(リブハウス)発売記念企画ライブが三国ヶ丘FUZZであったので行ってきました。

gugagugaと言えば、以前このブログでも大阪のMV職人として取り上げたワダさん率いるポップでロックな歌ものバンド。

業者もの匹敵レベルじゃ…?大阪のバンド「gugaguga」 VoGtワダさん制作のMVが完成度高すぎる件。 | よしオト。

おとといついに初のMVも公開されましたが(もちろんワダさん監督・撮影)、そんなgugagugaがニューアルバム発売記念に主催した企画ライブに行ってきたわけです。

ちなみにこのMV、音楽ももちろん良いんですが、映像作品としてのオチが相変わらずスゴイので初めから終わりまで見たほうが良いです。

出演バンドは新進気鋭の若手勇者4バンド vs. 魔王gugagugaという設定

出演バンドは計5バンド。

ライブ見てて途中で知ったんだけど、どうやら若手勇者4バンド vs. 魔王gugagugaという設定だったらしい。

魔王gugagugaかかってこおおおおおいいい」という威勢の良い声を上げるバンドもあった一方で、「あ、gugagugaさんレコ発おめでとうございます(ヘコヘコ」というバンドもあったし、後述しますが、最終的には当のgugagugaが「寒い設定」と一蹴してしまうオチもあって、笑いました。ガバガバかよ

gugagugaステージはさすがの魔王クオリティだった

b1dbb527

※この節のみライブのテンポ感を出す工夫の一環で敬称略しております

企画者ということでトリとして登場したgugaguga。ライブはアルバムの1曲目を飾る楽曲としても発表されていた『ゲームリセット』でスタート。続けて2曲目では、リリース記念ライブらしくこれまたアルバム2曲目に収録されている『ポップパワー』を披露。

今のgugagugaに欠かせない武器であるキーボードのキャッチーなリフ主体の2曲で、観客の注目を確実に獲得。魔王らしい圧倒的存在感を魅せつけた。

 

MCはワダ(VoGt)が今回自ら設定した”若手勇者4バンド vs.魔王gugaguga”のコンセプトを「寒い設定」と一蹴し、笑いを巻き起こすところから始まった。

またこれまで使用してきた水玉模様の衣装を捨て、濃紺ベースにアルバムのジャケットの”家”の絵をプリントした新衣装を披露したことに関しても、「僕だけゴールドでプリントしてます、お金余ったんで」と、相変わらずの”セレブキャラ”で説明した。

43082ad6 (1)

そしてアルバム収録順通り、『トピックとピック』を演奏し、「アルバムリリース記念のイベントですが、まだどこにも入っていない新曲やります」と、4つ打ちダンスビート主体の完全新曲を披露。さらに続けて先日gugaguga初のMVとして公開された『ツーシーターのベンチ』が始まると、会場内は「待ってました」とでもいうような、特別な高揚感のある空気に包まれた。

 

ここでワダは、今回のアルバムが”額縁に入れて飾れる仕様”であることについて言及。「CDって今売れないじゃないですか。そして買ったとしても1回パソコンとかiPhoneに取り込んでね、終わりなんですよ。どうせ1度だけ使われてあと奥にしまわれてしまうのなら、皮だけでも飾っといてもらえたらと思って、こういう風にしました」と思いを伝えた。

バンドはアルバム最終曲として飾る『パルパブル』をしっとり演奏した後、以前からの人気曲であり今回も収録されている『黄色のドロップ』を本編最後に熱演し、ステージを去った。

 

アンコールはナカムラ(Key)が、「ワダさん現在、デコに塗りたくった制汗剤が目に染みて負傷してます」と報告し現れ、客席は心配半分笑い半分になったところからスタート。しばらくしワダが登場すると、「成分表見たら”銀”とありました。これ絶対目なんかに入ったらあかんやつやん。」と、文字通り身体を張ったジョークで、見事ハプニングを完全なる笑いに変えてみせた。

223ba9f0

「アルバムの曲中心にやってきましたが、アンコールは昔からやってる曲で人気あるやつやろうと思います」と『超未来』で会場のテンションを最高潮に。笑いあり、真面目あり、ハプニングあり、絶妙なバランスで魔王は見事勇者も含む観客を虜にし、ライブは大団円を迎えた。

(写真:FUZZ LIVE PHOTO GALLERY

シンプルに楽しかった

というわけで若手バンドもたくさん見れたし、一方でgugagugaのライブは安定感がやはりすごかったし、シンプルに楽しいイベントでした。

CDももちろん入手して帰りました。聞いてたとおりではあるんですが、中身すごいよこれやっぱり。CDに見えん。

CDもgugagugaのステージもイベント全体としても、gugagugaらしい色が出ていて良いなあと思いました。