卒論書くなら知っておきたい「Google Scholar」とその使い方

卒論って参考文献探したりだとか、見つけた文献の管理だとか、その引用の決まりとか、結構大変ですよね。

そんなときに便利なGoogleの論文執筆お助けサービス「Google Scholar」について今日は書きます。

Google Scholar

Google Scholar
Google Scholarは、学術研究資料に特化した検索サービス+α。

  • 偉い研究者の方々が書いた論文等を、Google先生の偉大なる検索エンジンを用いて、タイトルからでも本文からでも検索でき、
  • 公開されているものはそこから簡単にオンラインで閲覧でき、
  • 使えるかもと思った文献はGoogleアカウントにログインしておけば保存でき、
  • さらにAPA、MLAといった書式に沿った引用をコピペできる

という、論文執筆には便利すぎるサービスです(少なくとも卒業論文程度のものであれば)。

実際に使ってみよう

論文を横断検索

様々なサイトに掲載されている研究資料を横断検索します。トップページに検索ワードをぶち込むだけです。

sc20160109145925

日本語でも大丈夫です。するとGoogle先生が大量の資料から、検索ワードに合致するものを列挙してくれます。

ここで画面右に「〇〇の[PDF](または[HTML])と書かれたものであれば、それをクリックすることですぐに内容が閲覧できます。

musical skills language Google Scholar

上記表示がない場合でも、資料タイトルをクリックした先で登録・ログインしたり、支払いをすれば読めるケースもあります。

また大学が資料掲載先と包括契約をしていると、その大学から接続している際は無料で見れるという場合もあります。

使えそうな論文は保存しておく

とりあえず少しでも使えそうな資料は「保存」をクリックして、あとからまとめて閲覧できるようにしておくと便利。これは恐らくGoogleアカウント必須。

musical skills language Google Scholar2

保存した資料は、検索ページ左の「マイライブラリ」から表示できます。

マイ ライブラリ Google Scholar

保存量が増えてきた場合でも、マイライブラリ内で検索することもできるので非常に楽。

簡単に引用できる

Google Scholarなら、引用すると決めた文献を「参考文献リスト」に記入するのも簡単です。

検索結果やマイライブラリから、引用したい文献の下にある「引用」をクリック。

マイ ライブラリ Google Scholar2

すると、論文の代表的な書式であるAPA、MLA、ISO 690に沿って、文献情報を作成してくれます。

マイ ライブラリ Google Scholar3

あとはコピー&ペーストするだけ。

使わなきゃ損です

こういうの、知っているのと知らないのとでは、大幅に効率が変わってくると思います。ぜひ使ってみて、その便利さを実感してみてください。

おまけ。「案外誰もきちんと教えてくれない”論文の書き方”」は、この本を読むとだいたい解決します。こちらも超おすすめです。