ストリーミングサービスが気になる日本の音楽ファンにはまず「Google Play Music」を試してもらいたい。

今のところ他のどの競合サービスよりも取っつきやすいと思うんですよね。

音楽ストリーミングサービス、もう使ってみましたか

まだまだ一般層にまで広がるには時間がかかりそうですが、音楽そこそこ好きな人の中ではちょっとずつ「名前くらいは聞いたことある」人が増えてきたんじゃないでしょうか。(サブスクリプション型)音楽ストリーミングサービスとやら。

簡単に言えば「月額課金することでそのサービスが配信する音楽や、サービス会社・ユーザーが提供するプレイリストが聴き放題になるサービス」なんですが、詳しくはこの記事の冒頭でも読んでみていただければと思います。

話題の国産・音楽ストリーミングサービス「AWA」を試してみた。聴き放題自体も良いが、新しい音楽との出会いが楽しい。 | よしオト。


で、上記記事では国内のこの流れが出てきてから初期に登場したAWAを取り上げたんですが、最近日本に上陸し、先日からテレビCMも始まったGoogleの音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」が、今この手のサービスが気になってるけど触れてはいない国内音楽ファンにちょうど良いのではないかと思っています。

理由1:そこそこUIが良い

簡単に言えば使いやすいデザインをしてるってことです。

単純に使いやすいと同時にYouTubeやChrome、GmailといったGoogle製の他のアプリと共通する部分が多いデザインなので、そういう意味でも多くの人が比較的早く馴染めるデザインじゃないかなーと思います。

picture (1)   picture

どこかで見たことあるようなデザインでしょう?

理由2:邦楽が結構充実

Google Play Music同様に海外からの攻め込み勢であるApple Musicは、相当国内レーベルが難色を示したのか分からないですが、邦楽の充実度がいまだに悲惨な状態です。

その流れもあってあまり期待はしていなかったんですが、Google Play Musicは同じフロム海外勢とは思えないほど邦楽が充実しています。どんな交渉の違いがあったんだろう…。

たぶん国産サービス勢のAWAやLINE MUSICに匹敵、あるいはそれ以上に充実してるんじゃないですかね…ちゃんと数えてはいないんで分からないですけど。

理由3:今始めるとずっと月額780円で使える

通常は980円。お得ですよね。

サブスクリプションサービスは月額 980 円でお使いいただけます。登録後の最初の 30 日間は無料でお試しください。また、2015年10月18日までにお申込みいただくと、月額 780 円が適用となる特別プランをご用意しました。

引用元:Google Japan Blog: Google Play Music を日本で提供開始します

個人的には今のところ競合押さえてベストです

紹介した3つの特徴以外にも、例えばすでに持っている楽曲をアップロードしてクラウド管理もできたり(iTunesライブラリまるまる取り込める)なかなか便利なサービスです。

パーフェクトではないとは言え、個人的には総合的に見れば今のところ、国内の競合の中ではNo.1。ぜひまだこの手のサービス使ったことがない方も他をもう使ってみた方も、試してみてください。

Google Play Music


Google Play Music

無料
(2015.09.25時点)
posted with ポチレバ
よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。