大学受験を終えたら最初に英単語帳「DUO 3.0」に取り組んでおこう。その2つの理由。


2月も残り1週間ほど。センター試験、そして多くの私立大学の入試が終わり、残すは国公立大学の入試のみ、という時期ですよね、確か。

そんなホッとしている高3生が多いであろう時期に、「ちょっと勉強は一休みしたい」なんて思っているであろう時期に、酷かもしれないけど今日はあえて「DUO 3.0という英単語帳を今取り組んでおくべき」という主張と、その理由を記しておきたいと思います。

DUO 3.0とは

Amazonの「英語の単語・熟語」カテゴリのランキングでは常に1位に君臨しているほどの、人気の単語帳です。

ScreenClip

単語が書いてあって、日本語での意味が書いてあって、例文があって、というところは他の多くの単語帳と同様なのですが、「重要単語1600語と重要熟語1000語を重複なしで560本の英文に凝縮させました」と謳っている通り、出来るだけ少ない例文で、多くの単語・熟語を理解・暗記できるよう構成されているのが特徴。

また、上記画像3位にある「復習用CD」を使えば、最終的には1時間これを聴き流すだけで全例文が確認でき、復習ができるというのも特徴です。

大学受験直後にやるべき理由 その1

単語レベルが大学受験後に最適なんです

ソースを忘れてしまったのですが、一般に大学受験に必要な語彙数というのは約5000語と言われています。それに対し、このDUO3.0は約6000語レベルの単語帳と言われています。

これくらいの語彙レベルの差だとちょうど良いステップアップになるし、多くの語が受験勉強で1度は見たことがあるであろうものなので、復習にもちょうど良いです。

あと受験用の英単語帳より実用的に使う語彙が多いので、そういう意味で受験後の実用英語へのシフトにも最適です。

大学受験直後にやるべき理由 その2

リスニング練習にもかなり効果的なので、ついつい読み書きに終始しがちな受験英語の弱点の補填に役立ちます

上述の別売り復習用CD、それなりの速度で例文がばんばん読まれていくのですが、しっかり例文を何度も読んで体に刷り込ませていくうちに聴き取れるようになります。

すると気づけば、TOEICのリスニングセクション程度ならかなり手応えが感じられるようになっているはずです。

「(´・ω`・)エッ? 『DUO3.0』って単熟語集でしょ?何でリスニングで役に立ったの?」と思われるかもしれませんが、「DUO 3.0」の例文が英会話にも役立つ程、実用的で秀逸であることと、「DUO 3.0 / CD復習用」の音声がリスニング教材の役割も十分に果たしてくれるのです。

TOEIC リスニング・セクションで495点(満点)取るまでのリスニング学習法 – 英語上達―継続は力なり

終わりに

受験終わったらまずは一息ついていいと思っています。1年間も頑張ってきたんですから。本当にお疲れ様です。

でもせっかく1年もやってきた勉強内容、忘れて無駄にしてしまったら勿体ないと思うので、ゆっくり、ぼちぼちでいいから、是非とも手を付けてみてはいかがでしょうか。


あなたにおすすめ