D・カーネギー「人を動かす」は、当たり前のことを目次で言い尽くすだけの名著

D・カーネギー「人を動かす」を読みました。今回読んだのは厳密にはエッセンシャル版と呼ばれている文庫版で、完全版ではないのですが。

タイトル通り、「人を動かす」ために重要な心得を説いていく1冊です。(完全版の)初版は今からおよそ80年前にまでさかのぼる1936年に刊行されたようで、そこから改訂もされ、日本ではトータル500万部を突破しているんだとか。

Continue Reading

”原理”が分かれば未来が読める:「未来に先回りする思考法」とは一体何か

もちろん、例えば10分後に憧れの〇〇先輩にばったり会うかもしれないとか、1年後の今日の天気が分かるとか、そんな未来予知は今のところ誰にもできやしない。 しかし「ITなどの技術の進化の方向や、社会がどのように変容していくか」という大きな流れは、”原理”を理解する […]

Continue Reading

選挙前に読んでおきたかった、けど今読んでも遅くなかった。おときた駿「ギャル男でもわかる政治の話」

「政治、分かるようになりたい」とは前々からずっと思っていましたが、ようやく先日の参議院選挙で選挙デビューした21歳です。 でも、その選挙も「十分に勉強した。ここに投票すれば、自分の意志反映としては間違いない!」という感じで投票したわけではありませんでした。せい […]

Continue Reading

知識と思考をごっちゃにするな:「自分のアタマで考えよう」(ちきりん・著)を読んで痛感した話。

最近、手当たり次第、本を読むことに抵抗がなくなってきました。そんなわけで読みました。ちきりんさんの「自分のアタマで考えよう」です。 自分のアタマで考えよう posted with ヨメレバ ちきりん ダイヤモンド社 2011-10-28 Amazon Kind […]

Continue Reading

不毛な議論をなくし、生産性を向上させるコツとは:「チームのことだけ、考えた。」(青野慶久)を読みました

仕事やボランティア、サークル・部活動など、私たちは生きている中で、大小あるいは多い少ないはあれど、様々な形で皆どこか「チーム」に所属していることだと思います。 そんなチームでの活動をより円滑に、意味のあるものにするためには? そのヒントは、青野慶久さん著「チー […]

Continue Reading

『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング(唐木元)』は、「書く仕事」じゃない人にこそ勧めたい。

唐木元さんの『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』を読みました。 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス) posted with ヨメレバ 唐木 元 インプレス 2015-08-07 Amaz […]

Continue Reading

今こそ身につけたい。凡人であることを誇りに持つために必要な「マーケット感覚」とは

ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』を読みました。 マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 posted with ヨメレバ ちきりん ダイヤモンド社 2015-02-20 Amazon Kin […]

Continue Reading