いわゆる「リア垢」を廃止し、Twitterアカウントを1つにまとめたことで得た最も大きな恩恵

 

何気なくまとめただけだったんですが、実際効果は大きかったんですよね。

昔は複数アカウント使っていました

以前はTwitter、複数アカウントで運用していました。

今使っている@yosshimusicとは別に、いわゆるリアルな知り合い用のアカウントがあったんです。ひたすら学校のこととかプライベートなこと用の。

でも1年前くらいかな、いやもっと前かも。ふと今の形に統一してみました。結局その統一体制のままずっとやってきているんですが、それはやはり統一したことのメリットが案外大きかったからです。

アカウント統一の恩恵:何をするにしてもリアルの知り合いを味方につけられるようになった

Twitterアカウントが1つだと、当たり前ですがネットでしか繋がりのない人たちにも、リアルな知り合いにも、同時に同じことが発信できます。

つまりこのブログにしてもそうなんですが、ネット発信のことでも簡単にリアルでの反応・影響にまで拡張できる。これって結構大きいんですよ。別にぼく特別友だちが多いとか、そういうわけでもないんですが、それでもこれってでかいです。結構ばかにならない力になります。

あー、これってどう伝えればいいんだろう。実際しばらく体験してみないとこれ伝わらないものなのかもしれない…。試してみると良いと思います。確かTwitterってアカウント消しても1ヶ月くらいは復元可能だったはずですし。

常識あれば変な炎上になんて繋がらないので大丈夫です

何かちょっと不祥事あれば寄ってたかって人々が叩く現場というのが大きく報道されすぎて、変にプライベートの保護をしようという人が多いような気がするんですが、よくよく考えたら叩かれてる人ってやっぱりダメなことをしている人たちです。

嫌がらせする人が全知り合いの数パーセントほどは出てくる可能性もあるでしょうが、あくまでそんなもの。まっとうな生き方さえしていれば、訳の分からないレベルにまで炎上することなんてまあないでしょう。

変に怖がる必要はないです。まっとうに生きて、堂々とありのままにTwitterやソーシャルメディアで全方向に伝えたいこと流していれば、ほとんど良いことしか起こらないですよ。

僕がしつこく「好きなこと」や「興味のあること」に対する思いや、情報の発信をする理由。その効果。 | よしオト。

おすすめ図書。ソーシャルメディアは上手く使えば、いざというときに役立つツールに育てておけるよという1冊です。TwitterやFacebookの生産的な使い方に悩む人は読んでおきたい。

そんな話。