スマホのプッシュ通知削減から始まる集中力UP生活。


photo credit: Dakiny via photopin cc

プッシュ通知。LINEやTwitterなどの返信を、アプリを起動していなくともほぼリアルタイムで知らせてくれる、スマホの優秀な機能の1つです。

ただ、何も考えずに使っているアプリ全てで通知オンになんてしてしまうと、当然しょっちゅう通知が鳴ります。そんなにリアルタイムな通知、本当に必要ですか。
 
集中すべき作業の時にすらスマホに目が行く羽目になっていませんか。邪魔になっていませんか。

必要なときにだけ情報を取りに行くという態度

例えば僕、実はLINEの通知は、他愛もない話がほとんどである人やグループのものは、全てオフにしています。LINEの仕様上(iPhoneの場合ですが)、オフにしている分もバッジには未読数が表示されるので、長時間見ないということにはなりにくく、ちょうど良い感じです。

TwitterもDM以外は通知切ってます。重要な話はTwitterではしない前提です。暇なときに自分から、アプリ起動して確認すりゃ良いじゃんっていう。

必要なときに、必要な分だけ情報を取りに行く。これ、情報社会と言われる今の時代だからこそ、大切だと思います。

その一環として、まずはプッシュ通知の量を減らす。これだけできっと、今やるべき目の前の作業に集中して取り込めるようになります。オススメです。

最後に

僕がこの考えにたどり着いたのは、僕の中ではライフハックの達人の1人である、jMatsuzaki氏による影響によるものだったりします。
いますぐお試しあれ!iPhone(スマホ)の通知を全て切ると生活が快適になる!! | jMatsuzaki
情報に振り回されない、踊らされない。むしろ使いこなして、踊らせるための武器にしていきたいですねー。

ではでは。あ、こちらもよければどうぞ。

まだスマホで時間消耗してるの?iPhoneからTwitterもFacebookも消してみたら集中力と生産性が上がりましたよ。 | よしオト。


あなたにおすすめ