視野を広げて楽しく!「メインの音楽活動+1」でより良い活動の仕方を考えてみよう。

photo credit: Text100 via photopin cc

僕は真剣に音楽をやる人こそ、1度は「メインの音楽活動以外に自分が出来そうなこと何かないかな」と考えるべきだと思います。視野を広げてプラスワンの活動を考えるのです。
 

プラスワン活動がもたらすもの

考えてみましょう。あなたの作る音楽を好む人は、必ずしも今の活動拠点(例えばライブハウス)にいる人たちばかりなのでしょうか

これにもし首が横に少しでも振れるのならば、プラスワン活動があなたの毎日を彩り、音楽活動を加速させてくれるかもしれません。

プラスワン活動は、

  1. あなたとあなたの音楽を、音楽以外のクラスタに広く露出でき得る
  2. 音楽以外の好きなことを自分が楽しめる
  3. 様々な分野に所属する人としてあなたをユニークな存在にしてくれる

などなどのメリットをもたらしてくれます。

特に「ギタボが曲を作るので、自分はただのサポートみたいな演奏隊に見えてそう」みたいなバンドマンは考えてみるべきかも。

例1:演奏動画・レッスン動画・ソロ楽曲の制作

音楽をやっている人なら1番取り込みやすいのはこれかもしれません。

例えば、SONALIOというバンドのドラマーである海保さんはYouTubeにドラムのレッスン動画をアップしておられますが、動画のコメント欄を見ている感じ、バンドのファンや知り合い以外からもかなり見られているようで、ここからバンドを知ったという人の数も割と馬鹿にできないんじゃないかなーと思います。

海保けんたろーのドラム教室オンライン – YouTube

ちなみに僕もバンド活動をしていた頃からエレクトーンの演奏動画などを上げてきましたが、ライブ前に会場で初めて会ったお客さん(対バンの方のお客さん)に「YouTubeで見たことあります!キーボードめっちゃ楽しみにしてます!」と言われたことがあります。動画が自分の存在をユニークにしてくれていたのは間違いなさそう。

お気に入りの機材紹介するとかでもいいと思う、というか楽しいだろうから続けやすいと思う。

ベタですが、曲を作れるバンドマンはボカロ音楽に挑戦してみても面白そうですね。バンド活動のターゲットとはまた違う音楽好きな層にアプローチできますから。

例2:それ以外の動画(ゲーム実況・料理etc…)

ゲーム実況でも料理動画でもダンス(踊ってみた)でも、好きなことを試してみればいいと思います。

確実にメインの音楽活動の得になるようにしたいのなら、動画のBGMやエンディングで毎回自分(たち)の音楽を使うなどすればBetterかも。

例えば、ホリエモンこと堀江さんのYouTubeチャンネル「ホリエモンチャンネル」のQ&Aコーナーの動画は、最後に毎回アシスタントの寺田さんの曲を流してますね。

例3:漫画・絵

何気に強力だと思っているのがこれです。必ず音声が伴う動画と比べて、こういった画像類は音楽と組み合わせやすいでしょうから。

「この漫画に合わせて曲を作りました」とかすれば、その漫画を見た人からすればきっと気になる人は多いはず

最近勢いある米津玄師を典型的な例として挙げておきます。絵も音楽もセンス良すぎです、どっちか僕に分けましょう。

初回限定盤には画集付きなんてのもやったようですね。

例4:ブログ

物書きが好きな人はこれですね。音楽関連のことであれば機材紹介や、それ以外でも好きなことを役に立つ形で発信すれば良いと思います(だから日記ばかりだと本当に趣味になってしまうかも)。

もうこれはこのブログでもしょっちゅう紹介させてもらってる「こおろぎさんち」のやり方が最高に分かりやすいと思う。
こおろぎさんち

ってそういえばこおろぎさんも前に同じようなこと書かれてましたね…引用させていただきます。

◆好きなこと、得意なことだけをやり、それをレイヤーしてみよう
レイヤーというのは、画像や映像のソフトでそれぞれの素材を重ねあわせる事ができる機能。
ほとんどの人は好きな事は一つだけではないと思います。
例えばミュージシャンでも音楽以外の要素 ー生放送、ライブ、動画、文章、写真…など、自分が好きなこと、得意なこと、面白いと思ったツールを組み合わせてみる。
「レイヤー」することで自分を唯一の存在にさせ、組み合わせから新しい稼ぎ方も出てきます。

あれ、超シンプルにまとまってた…僕ここまで書いた意味あったのか。

終わりに

「プラスワンで音楽以外のことに挑戦してみる」自分が楽しくやれる上に、最終的に音楽活動に得をもたらし得る1つの有効な取り組みだと思います。

というわけでプラスワン活動のススメでした。