さすがの囲い込み!iOS 8で僕らはさらにAppleの手の内になる。

photo credit: afagen via photopin cc

よっしー(@yosshimusic)です。

今月上旬にAppleの開発者イベント WWDC(Worldwide Developer Conference) 2014 でiPhone/iPad/iPod touch用OSの最新版「iOS 8」が発表されました。

Apple – iOS 8 – 概要

発表直後はただただ新しいもの好きな性格というのもあって、「へえ~、iOS 7ほど大きな変更はなさそうだけど、いいなー、楽しみだなー」と思ってたくらいだったんですが、ふと今になって恐ろしいことに気づきました。かのアップル帝王は、このiOS 8で僕らiOSユーザーをさらに逃がさない仕掛けを用意したのではないか、と。

他社製IME解禁でむしろ手を緩めたと思ったが…

iOS 8で注目を浴びている項目の1つに、「他社製IMEの解禁」があります(「変換」という概念がある国だけなんですかね、この注目)。ATOKを開発するジャストシステムも既に前向きなようです。

ジャストシステム、iOS 8対応ATOKの提供に意欲。非アップル製IME解禁を「ずっと待ち望んでいた」 – Engadget Japanese

基本的にシステム部分に他社が介入するのは許さないAppleさんでしたから、これはちょっと驚きでしたし、同時に囲い込み戦略からは少し手を緩めたのかな、とも感じていました。しかし、何だかそうでもないようです…。

「ファミリー共有」で家族の絆をiOSが支配する!?

あんまり注目されていない気もするんですが、iOS 8ではApple IDは共有することなく、iTunes StoreやApp Store、iBooks Storeで購入した音楽、映画、アプリ、電子書籍といったコンテンツであったり、写真、カレンダー、位置情報を家族と共有できる「ファミリー共有」という機能が追加されます

Apple – iOS 8 – ファミリー共有

今でも既に一家全員iPhoneユーザーというところは多いと思いますが、もしこの便利さにハマってしまうと、家族の誰かが「Androidに変えたい~」なんて言い出した日には家族会議どころか家族戦争になるのは確実です。Apple魔神は、一家まるごと手の内に収めようとしているのです。

1度使えば手放せなくなりそうなMacとの連携強化

こちらは割とスポットライト当たっている部分ですね。詳細はこんな感じ。

Apple – iOS 8 – 連係

これの恐ろしさというのは僕は既に別の形で体験しました。というのも、PCのブラウザを先日FirefoxからGoogle Chromeに乗り換えたのですが、ついでにiPhoneのブラウザもChromeメインにしてみました。

当然Googleアカウントで連携させたのですが、さっきまでPCで見ていたページがすぐにiPhoneから開けるという便利さは、想像以上に使えるものでした。いや、ほんとに。

この体験をブラウザどころかメール、電話、その他多くのアプリで実現しようというのですから、1度ハマってしまうと2度と抜けだせなさそうな機能だと思います…

終わりに

案外この辺触れられていないので書いてみたのですが、これ結構すごいことだと個人的には思うんですよね。さすがApple、抜け目がないなあと。

最近しょっちゅうMacBook Airが欲しくなるApple信者寸前のよっしーがお伝えいたしました。