生産性向上への第一歩!Togglを使った時間ログを続ける3つのコツ。


photo credit: Βethan via photopin cc

よっしー(@yosshimusic)です。

最近、僕の中で「Toggl」という、時間管理・習慣見直しなどに役立てるためのタイムトラッキングWebサービスが熱いです。基礎的なことなのかもですが、時間ログは1日にやれることを大幅に増やしてくれる(生産性向上ってやつですね)効果大なライフハックだなーと実感しています。

時間管理の重要性とTogglのサービスそのものの詳細は、それぞれこの辺が分かりやすいと思います。

習慣見直しの決定打!TaskChute2とTogglを駆使して24時間の行動記録を正確にとる方法【動画解説あり】 | jMatsuzaki

togglの使い方と導入方法!時間管理で忙しさから卒業だぜ

今までタイムログの習慣化に何度も失敗し続けてきたこの僕が、Togglの記録を続けるために実践し、上手くいっている3つのコツを、今日はご説明したいと思います。君も目指せ、脱三日坊主!

iPhone(スマートフォン)のDockにアプリを設置する

移動中の記録にはTogglの公式iPhoneアプリ「Toggl Timer」を使っていますが、これをDock(ホーム画面下部)に置くようにしました。

こうすることでパッとiPhoneを開いた時に高確率で目に入るので、記録忘れしにくくなります

Webブラウザにタブを固定しておく

PCを使った作業中の場合、iPhoneを開くことが少なくなるので、記録忘れが起こりやすくなります。

これはブラウザで常に開いておき、タブ固定機能をつかえば、メール(もちろんWebメールを使っている場合にかぎりますが)を見たりするためにブラウザを表示した際にタブが目に入り、記録防止に繋がりますよ。

Firefoxならタブを右クリックして「タブをピン留め」。Chromeなどだいたいの主要ブラウザに同じような機能があると思います、たぶん。

ScreenClip [1]

 

記録し忘れても「ざっくりでいい」と考える、あとから大雑把でいいので記録するようにする

それでも記録忘れをしてしまうことはあるものです。考え方が大事です。忘れたって後から大体でいいので埋めれば良い

記録忘れでやる気なくして記録習慣が続かなくなるよりは、ざっくりでも記録を続けて自分の生活を見直す材料にできる方が100倍良いのは明らかです。

終わりに

というわけで僕なりに見つけて、当たりであったTogglでの時間ログ継続の3つのコツでした。

本当に時間管理は、無駄をなくして1日にやれることを増やすことに直結するので、まだ始めていない人にも是非ともおすすめしますよ、マジで。

以上です!


あなたにおすすめ