今さらながらiPhone 5(5s/5c)付属のイヤホン「Apple EarPods」への愛を語ろうと思う。

photo credit: low.lighting via photopin cc

よっしー(@yosshimusic)です。

iPhone 5購入時(2013年3月)から愛用していた、iPhone 5シリーズ(+iPod touch)付属のイヤホン「Apple EarPods」を先日紛失してしまう事案があり、ちょうど前に頂いていたSONYのイヤホンをしばらく使用していたのですが、結局再購入してまでEarPodsに戻ってきた私の愛を今回の記事でご説明できたらと思います。

EarPodsって?

先述の通り、iPhone 5やiPhone 5s、iPhone5c、また最新のiPod touchに付属しているアップル製イヤホンです。iPhone 4S以前に付属していたイヤホンから大幅に変更が加えられたことで話題になりました。

「今さらながら」というのはそういうことです。

何が凄いの?

癖がなくフラットな音質。

iPhoneと言えば世界中で莫大な数の人々が使っている機器だと思いますが、そうなるとそのiPhoneに付属するEarPodsも莫大な数の人が使っているはず。

そのためか、例えば低音大好きハァハァな方はアレですが、それ以外の多くの人に馴染みやすいであろう、非常に低音域から高音域までバランスのとれた、癖のないフラットな音質を鳴らしてくれます。

まあ僕は音楽やっている人間にしては音質センサー弱い人なのでその辺は察してくださいね。

特殊な形状で快適な付け心地。

IMG_0250

この独特の形!さすがAppleの美的センスは良い意味でワケがわからない!

でもこの形が結構耳にフィットしてくれるのです。iPhone 4S以前のイヤホンはあまり知らないのですが、どうやらそれと比べて音漏れ改善もされているようで、その改善もこの形状によるところがあるという話も。

マイク付き、快適ハンズフリー通話が可能。

EarPodsに戻した理由の中で結構大きいのがこれ。Skypeなどは基本的にPCでなくiPhoneで使う人なので、イヤホンにマイク付いていないと、長時間電話する時にiPhone持ちっぱなしでつらくなるのです。

この音質も悪くないですよ、少なくとも通話には十分。

iPhoneのコントロールスイッチ付き。Siriの起動、カメラのシャッターまで。

コードの途中に再生や停止、さらに曲のスキップやバックが出来たり音量調整が出来るスイッチが付いています。

IMG_0253

これ使い出すと超便利なんですよ…たぶん他にこんなの付いているイヤホンってあんまりないだろうし…。

あと中央のボタン長押しでSiri起動できたり、カメラ起動時にはシャッターボタン代わりに使えたりします。本体でシャッター切ると手ブレ起こりやすいので、これも地味に便利

コスパがなかなか良い。

何度も書いていますが、iPhone 5シリーズのユーザーであれば付属アクセサリーとして入手できますし、僕のように紛失した場合でも2900円ほどで購入できます。

音質の項で書いたように僕の耳は残念音楽家なのでアレですが、聞くところによるとやっぱり音質が分かる方からしてもコスパはかなり良いと感じられるみたいです。

ただしiPhone 5シリーズ以外で使う場合は気をつけて

ここまでべた褒めしてきたEarPodsですが、1つだけ注意が。

「これだけ聴きやすい音ならPCでも常用しよう~」と思って使ってみたら、iPhone 5を使っている時とは全然違うモコモコした音でびっくりした経験があるのですが、どうやらiPhone 5とセットで最適化されているようなのです。

EarPodsについての考察。iPhone5とEarPodsは一体だった | SITE2913 2009-2014
!! …

ただ、場合によってはむしろiPhone 5と組み合わせるより良い音が鳴ってしまうこともあるみたいです。何じゃそりゃw

アップルの「EarPods」をAndroid端末で使うと、iPodでは味わえない極上サウンドを楽しむことができるッ! | ロケットニュース24

最後に

実はこの記事は、EarPodsを知らない人に紹介するため以上に、「何となく付属だからEarPods使ってる」って人に「いやいや、実はそれ結構いいやつなのよ~」って伝えるのを目的として書いた記事でもありました。

この辺の付属品までも本気なところにAppleのこだわり感じますね。そういえば冒頭画像の付属ケースもiPhone本体のケース同様美しい。いやはや。

というわけで今後もEarPodsからなかなか浮気することはできなさそうです。おしまい。

よっしー
1995年大阪生まれ 音楽とインターネット育ち。 詳しくはこちら。