無駄でしかない「ライブ告知の拡散希望」はもうやめよう。代わりにすべきことも提案するから。

Twitterで時々見かける「【拡散希望】◯月×日 △△△でライブします!チケット~~円です、よろしくお願いします!」みたいなツイート。

あれって意味があるのでしょうか。

ライブ告知の拡散希望が無駄な理由

すごく単純なことで、「知らないバンドのライブ告知が急にリツイート(RT)で流れてきて誰が行く気になるの?」って話です。

それだったらもっとやるべき効果的なことありそうです。 いくつか提案してみますね。

音源・MV(PV)の拡散

初期設定だと、タイムラインに流れてきた動画は無音で自動的に再生されます。「動いているものが目に入ったので、何となく開いてみた」という経験がある方、結構いるのではないでしょうか。

というわけで、ライブ告知なんかよりは、明らかに気になってもらいやすいでしょう。YouTubeなど無料で視聴できるリンクも併せて貼っていれば、さらに詳しくチェックしてくれる人もいるかもしれません。

また、「〇〇(ジャンル名や他のアーティスト名)が好きな人におすすめ」といった情報も併せて書いておくと、好んでくれる可能性の高い人に視聴してもらいやすくなりそうですね。CDショップで、近い音楽性のアーティストの作品の近くに「おすすめ!」と置いておくイメージです。

アーティスト写真(アー写)の拡散

写真と一緒に「どういうバンドなのか」という説明など書いておきましょう。

超インパクトのある写真なら食いついてくれる…かも。

そもそも拡散を狙ってばかりの使い方をやめる

Twitterを完全に宣伝ツールと勘違いしているアーティスト・バンドマンが結構多いのですが、Twitterの本質はコミュニケーションツールにあります

それなのにつまらない宣伝くさいツイートがタイムラインに流れてきたら、そりゃスルーしちゃう人が多くても無理ありません。

そんなわけで、まずは何気ないコミュニケーションだとか、ちょっと面白いこと思いついたのでツイートしてフォロワーに楽しんでもらうとか、興味深い情報を見つけたのでシェアするとか、まずあなた自身も楽しめるやり方を探してみることをお勧めします

そして、その「楽しそうな感じ」が出てくると、きっと一定数のフォロワーも注目してくれ、音楽活動にも好影響を及ぼしてくれるはずです。

参考までに、音楽じゃないですがSHARP公式のボケ具合は素晴らしいと思います。

 

おしまい

結局のところ、こういうのを考えるのって「自分が受信側だったらどうだろうか」という簡単な思考をしてるだけだと思うんですが、Twitterは特に宣伝ツールとしか捉えられていないことが多い気がします。

もしそうだったら本当にもったいないというか、コミュニケーションツールとして使うと普通に面白いんですよね。Twitter。

というわけで参考にさせてもらった記事に感謝の意を示し、リンクを貼って終わっておきます。皆様、ハッピーツイッターライフを。

コアなファンを失うリスクがある「定期ツイート」はもうやめよう。代わりの宣伝方法も提案するから。

【意外と知られていない】バンド/アーティストが知名度をアップするための宣伝方法をまとめてみた – Togetterまとめ