自分のバンドに関するツイートを確実に見つけるTwitter検索術

 
photo credit: JD Hancock via photopincc

よっしー(@yosshimusic)です。いわゆる「エゴサーチ」のコツまとめ。

英語のバンド名故に英語圏の人たちのツイートが検索に引っかかる」、「バンド名に空白があるため、ばらばらの検索ワードでヒットしてしまう」と悩む人達が案外いるようなので、Twitterの検索オプションの使い方をいくつか書いてみます。

なお、以下はiPhone公式アプリでの画像を掲載しますが、Androidでも同様かと思います。ちなみにPCはTwitter検索画面左にある「高度な検索」から同等あるいはそれ以上に詳細な検索設定が可能です。

検索範囲を日本語に限定する

検索ワードに「lang:ja」と追加しましょう。

IMG_0087

空白のある検索ワードを1つのワードとして検索する

“(ダブルクオーテーション)」で括るだけ!こんな感じ。

IMG_0088

特定のワードを除外する

除外したいワードの頭に「-(マイナス)」を付けましょう。

IMG_0092

うちのバンド「ZAKK BARAN」に関するツイートを検索する場合は、ZAKKと略される場合も多いので「ZAKK」で検索すると、Zakk Wylde関係が引っかかりまくりです(ジャンル全然ちげえ!)。日本語に限定した上で、さらにWyldeをこの方法で引いてやると少しマシになります。

しかしそれでも、やはりZakk Wyldeも「Zakk」と略す方が多いので、最終手段は次。

 

検索範囲をフォローしているユーザー内に限定する

特にフォロー関係になっていない、例えば「ぼんやり気になっているからツイートしてみただけ」みたいな方のツイートはこの方法では探せないのですが…。以下のように、「検索結果を絞り込む」から「フォローしているユーザー」を選択。

IMG_0089IMG_0091

 

まとめ

エゴサーチされることを嫌う方もいるのは間違いないですが、エゴサーチして関われることを望んでバンド名をツイートしてくれる方も少なからずいると僕は思っています。

そんな貴重な声を逃さない1つのテクとして、よかったら活用してみてください。